2018年卒大学生が語る就活への一歩インターンシップ

2020年卒就活生必見!2019年卒大学生が語る就活への一歩インターンシップ

 

インターンシップの良い点とは?

 

2020年卒の大学生にとって最も重要な就活が始まります。

 

インターンシップとは、特定の職の経験を積むために、組織や企業において労働に関わる期間のこといいます。

 

簡単に言いますと、就職する前に社会人体験が出来るということです。

 

大学生なら、必ずしも行うのがインターンシップとも言ってもおかしくないでしょう。

 

2019年卒の私も1年前に経験しております。

 

そんな私が語るインターンシップの良い点は、

 

 

1 その会社の社内雰囲気を実際に体験できる点

2 社員さんとコミュニケーションをとれる点

3 仕事内容を体験できる点

4 就職したい気持ちを就活する前に示すことが出来る点

 

 

などがあります。

 

もう少し詳しくお話しいたします。

 

 

その会社の社内雰囲気を実際に体験できる点

の社内雰囲気は今後ずっと働いていくにあたり、とても大切なことです。

 

険悪な雰囲気、社員さんが悪い雰囲気や居心地の悪い会社では、せっかく就職したのにそんな雰囲気では仕事が楽しくないですよね。

 

 

社員さんとコミュニケーションをとれる点

の実際にコミュニケーションをとるとこが出来るのは、説明会や企業記事では聞けない社員さんリアルの声を聞くことが出来ます。

 

また、それは就活にも役にたつことも聞けるのです。

 

 

仕事内容を体験できる点

の仕事内容を体験できるとは、口頭の説明で聞いただけでは、仕事内容を全部知れたとこにはなりません。

 

実際にその企業に就職した際と同じ仕事を体験するとこが出来ます。

 

また、その経験は今後役に立つこと間違えありません。

 

 

就職したい気持ちを就活する前に示すことが出来る点

の就職したい気持ちを就職する前に示すとこが出来るとは、インターンシップとは自分自身が働きたい企業を選ぶため、経験を積むために行っていたとしてもその企業が良かったら働きたいと思うかもしれません。

 

そんな時、面接等で実際に体験したことなどを話すことが出来るので、ほかの人とは少し違う視点で面接に臨めるので有利というわけです。

 

 

 

何を聞かれても答えられる準備をしておきましょう

 

インターンシップでも、短期のもの長期のもの様々な期間行うことができます。

 

企業によって異なるので、事前確認してから行って下さい。

 

私の実体験をお話しします。

 

私は10日のインターンシップを行い、建築業界に進みたいので建築会社に行きました。

 

始めはとても緊張していました。

 

まず、私が体験したことは実際に建てられた家の模型作りでした。

 

学校でも、模型作りを何度かしたことがありましたが、様々な形のものや屋根の違うものとその短期間で何棟も作り、経験することが出来また、部分名所を覚える機会でもありました。

 

そして、何よりも模型を作るスピードと外見のきれいさが上がりました。

 

わからないことを質問すると、とても分かりやすく教えていただき質問しやすい社員さんが多いなと雰囲気をつかむとこができました。

 

そして、実際にパソコンで図面を書く手伝いをし、その際、使用した事ないソフトで1から教えていただきました。

 

その経験も、今後とても役にたつと思いました。

 

学校で習わないことなど、様々なことを教えといただける場であるので視野が広がり、経験値としても、他の人より詳しくなります。

 

 

2018年卒大学生が語る就活への一歩インターンシップ

 

 

 

仕事中では、仕事のこと以外を聞くとこで出来ません。

 

しかし、お昼休憩に社員さんと食べる機会があると思います。

 

その際に、色々な質問や話しをすることをおすすめします。

 

説明会では、聞かない社員さんのリアルの話しを聞くことができますし、また、色々なとこを社員さんから質問される機会でもあるので、事前に質問されるかもしれないと心構えをしていてもいいかもしれません。

 

私も実際に、

 

  • 学校ではどんな授業を行っている?
  • どんなソフトを使用している?
  • どんなことを今まで習った?
  • 勉強は難しい?
  • 模型作るには好きなど勉強面のことから?
  • どんな学科がある?
  • バイトはしている?

 

など私自身のことなど様々な質問をされた経験があります。

 

なので、社員さんにする質問とどんなことを質問されても、答えられるように事前にしておくことをおすすめします。

 

 

自分だけではなく他の人の事も考えよう

1つの企業だけに絞らず、様々な企業にいくのがいいと思います。

 

会社によって一つずつ異なるので、考え方や知識、視野が広がるでしょう。

 

また、1人だけとは限らず他の学生の方もいる場合もあります。

 

なので、仲良くなることができ、就活にあたり他の大学がどのくらい進んでいるのかなど、様々な情報交換を行うことが出来るでしょう。

 

その際に、ただ仲良くなるだけではいけません。

 

もしかしたら、就活ではになるかもしれない相手であることは間違いありません。

 

 

2018年卒大学生が語る就活への一歩インターンシップ

 

 

 

企業もどの学生がふさわしく就職してほしいかなどどのくらい意欲があるのか、コミュニケーション能力など様々なとこを見ているので、比べられるかもしれないという気持ちを忘れてはいけません。

 

一人ではなかった時はチャンスだと思って、自分のことを積極的にアピールして下さい。

 

自分のことを知ってもらいたいために、他の人のことを一切考えないのは、それはマイナスなことです。

 

知ってもらうことはとても大事なことですが、企業はチームなので周りを考えて行動することもとても大切なことになってきます。

 

 

 

キャリサポ就活

 

 


キャリサポ就活は就活の勝ち組になるための必勝術を配信します!

PAGE TOP