基本を大切に2018年卒の大学生の就活における面接を乗り切ろう!

基本を大切に2020年卒の大学生の就活における面接を乗り切ろう!

 

就活をうまく乗り切るためには

 

2020年卒の大学生の中には、就活を経験する方も多くいるでしょう。

 

すぐに就職先が決まると甘く見ている方もいますが、仕事が決まらずに卒業を迎えてしまう方も多くいます

 

 

基本を大切に2018年卒の大学生の就活における面接を乗り切ろう!

 

 

進路が決まらずに卒業することがないようにするためにも、就活を上手く乗り切るためのポイントを把握しておくことが大切です。

 

例えば就職先を決めるために避けて通れないポイントの1つに、面接があげられます。

 

 

 

ポイント

 

基本をしっかりと押さえること

 

では面接についてついて考えていく場合には、どのようなポイントに注意したらいいのでしょうか。

 

まず気をつけなければならない点が、基本をしっかりと押さえることです

 

試験官の印象に残るように、奇をてらった作戦を立てる方もいるかもしれません。

 

ですが奇をてらった戦法で挑むと、墓穴を掘ってしまい採用される確率が低くなります。

 

 

基本を大切に2018年卒の大学生の就活における面接を乗り切ろう!

 

 

少しでも採用される確率をあげるためには、基本に忠実に対策を立てていくことが大切です。

 

基本に忠実な作戦を立てるうえでのポイントの1つが、面接で聞かれたことに対してどのような受け答えをしたらいいのかという点です

 

例えばよく聞かれる質問の1つに「大学時代に頑張ったこと」というものがあります。

 

このような質問をされたとき、最初に結論を言うこともポイントの1つです。

 

結論から話を始めたほうが、何について語っているのか相手に伝わりやすくなります。

 

 

的確な受け答えをすること

 

また質問されたときのポイントになるのが、的確な受け答えをすることを心がけましょう。

 

実際に「大学時代に頑張ったこと」について聞かれたとき、サークル活動をあげる方も多くいます。

 

このときサークル活動でどのようなことを頑張ったか話すのではなく、サークルを選んだ理由を話してしまうケースも見られます。

 

頑張ったことについて聞かれたら、どのように努力したのかなどのエピソードを話すことが大切です。

 

聞かれたことに対して的確に答えるというのは、簡単そうに見えて意外と難しいことです。

 

そのためぶっつけ本番で挑むのではなく、練習をすることも忘れてもいけません

 

 

基本を大切に2018年卒の大学生の就活における面接を乗り切ろう!

 

 

大学生の場合であれば、学校に就活支援センターなどがあるでしょう。

 

そのような支援センターに行くことで、模擬面接などを行ってもらうことが可能です。

 

練習しているかしていないかという点に応じて、本番で落ち着いて対処できるのかという点に違いが出てきます。

 

練習をしたとしても、本番で緊張してしまうのは当たり前のことです。

 

面接官側も、大学生が緊張していることはわかっているので少しくらいの失敗なら大目に見てもらえます。

 

話しているときに嚙んだりつっかえてしまったりしても問題はないので、まずは聞かれたことに対して落ち着いて答えることを心がけましょう。

 

 

 

身だしなみをチェック

 

何度も採用試験を受けると、慣れが出てきてしまう方もいます。

 

慣れてくると、質問されたことに対して落ち着いて対応できるなどのメリットも存在しています。

 

しかし、慣れてきたとしても、確認することを忘れてはいけません

 

例えば何度も採用試験を受けている方の中には、服装などのチェックがあいまいになる方もいます

 

ですが試験官は、就活生の服装や身だしなみを常にチェックしています。

 

 

基本を大切に2018年卒の大学生の就活における面接を乗り切ろう!

 

 

そのため見られているということを常に意識して、身だしなみに問題がないかこまめに確認することも忘れてはいけません。

 

身だしなみについて考える場合には、エチケットブラシを用意するのも1つの手です。

 

黒のスーツは、埃や髪の毛が目立ちやすいので注意が必要です。

 

そこで採用試験前にエチケットブラシでスーツの汚れをきれいにすることで、見た目の印象をよくすることにつながります。

 

さらに採用試験の会場まで歩く場合には、携帯用靴磨きを用意しておくようにしましょう。

 

 

資料を再度確認

 

また実際に採用試験へ向かうときには、荷物の確認も大切です。

 

特に面接を受ける場合には、提出したエントリーシート会社の資料などを事前に確認するようにしましょう

 

 

基本を大切に2018年卒の大学生の就活における面接を乗り切ろう!

 

 

試験官に聞かれる質問は、基本的にエントリーシートの内容を掘り下げたものです。

 

エントリーシートは、提出する企業に合わせて書いている内容を変えている方も多くいます。

 

そのため提出前にコピーを取っておいて、試験前にどのような内容を書いたのか確認したうえで試験に行くことも大切です。

 

 

まとめ

 

このように採用試験に挑む場合には、注意すべき点がいくつも存在しています。

 

ほかの就活生を意識して、目立つことが大事と考える方も多くいるかもしれません。

 

 

基本を大切に2018年卒の大学生の就活における面接を乗り切ろう!

 

 

確かに試験官の印象に残ることも大切ですが、悪い意味で目立ってしまったら意味がありません。

 

良い意味で目立てるようにするためにも、まずは基本的な点を確認して採用試験に挑めるようにしましょう。

 

基本を無視すると、なかなか就職先が決まらずに後悔することになるのは自分自身です。

 

自分は基本ができているから大丈夫と思い込むのではなく、定期的に問題なく対応できているか確認することも忘れてはいけません。

 

1つずつポイントを確認していくことで、より良い形で採用試験に挑むことにつながります。

 

 

 

キャリサポ就活

 

 


キャリサポ就活は就活の勝ち組になるための必勝術を配信します!

PAGE TOP