2020年卒大学生の就活は就活解禁に合わせて

 

自己分析では強みだけでなく弱みも把握できます

 

2020年卒の大学生が就活を始める場合、就活解禁に合わせたスケジュール作りをしなければなりません。

 

エントリー関連は3月から4月に集中していますので、それまでにエントリーシートに書くべき内容をきちんと考えてまとめておくことが大切です。

 

質の良いエントリーシートを作成するためには自分のことを深く理解しなければなりませんので、自己分析という作業が欠かせません。

 

 

2019年卒大学生の就活は就活解禁に合わせて

 

 

自己分析を行うことで自分が何に向いているのかを把握でき、どのような職種に就くべきなのかも見えてきます。

 

行った結果から、目指していた職種よりもピッタリのものが見つかることもありますが、その場合はどちらを選択した方が良いのかを冷静に判断しなければなりません。

 

 

自己分析のきちんとできている学生は履歴書に書く内容もスムーズにまとめることができますし、面接試験でも良い部分をしっかりとアピールできます。

 

 

希望の就職を叶えるためにとても重要な作業ですので、前もって準備を進めるようにしましょう。

 

 

自己分析では強みだけでなく弱みも把握できます。

 

 

弱みを分かっていると、これから克服したいことやクリアしていきたい部分が見えてきますので、今後の課題などを聞かれた時に役立ちます。

 

就活では自分の良いところ探しばかりを行ってしまいがちですが、弱みを知ることで分かることもありますし、それを克服できれば強みを一つ増やすことができます。

 

面接試験でも聞かれることの多い部分ですので、強み弱みのどちらも正しく把握してどのように仕事に取り組んでいきたいのかを明確にしておくことが大切です。

 

 

 

相手に伝わる文章になっているかも重要なポイント

 

エントリーシートや履歴書には自己PR欄がありますが、そこには学生時代に力を入れて取り組んでいたことなどを記載します。

 

いざ書き始める段階になって何を書けば良いのか迷ってしまうようではスムーズな活動は行えませんので、前もって盛り込む内容を考えておき、提出する企業によって多少内容を変えるなどの工夫をするようにします。

 

内容ももちろん大事ですが、相手に伝わる文章になっているかも重要なポイントですので、まとめたら一度読んでみておかしな点は無いかをチェックすることも忘れてはいけません。

 

3月から始まるエントリーより前にやっておくべきことはまだあります。

 

受ける企業を絞り込むにはそれぞれの企業の特色について深く理解しなければなりませんので、企業の研究や調査を事前に行っておく必要があります。

 

 

2019年卒大学生の就活は就活解禁に合わせて

 

 

調査をする段階でかなり絞り込みをしてしまう人も多いのですが、この段階で選択肢を狭めてしまうのは勿体ないことですので、できるだけ多くの企業に目を向けて調べてみることが重要です。

 

たくさんの調査を行えば自分にピッタリの企業が見つかる確率も高くなりますので、面倒くさがらずに地道に進めるのが得策です。

 

実際に選考試験に進む場合には筆記試験の準備もしておかなければなりません。

 

いくら見やすくて内容の整った履歴書を作れても、筆記試験の結果が思わしくなければ採用試験を通過することができませんので、筆記試験の準備も抜かりなく行っておくことが大切です。

 

まずは練習問題に取り組んで形式に慣れるようにし、類似問題にチャレンジしてよく出る問題や傾向を把握することも良い対策となります。

 

 

 

多くの企業は自分で考えて行動に移せる人を求めています

 

就活解禁としては、3月から4月がエントリーの開始、6月からが面接などの選考試験というのが一般的な流れではありますが、その前にやるべき準備を行っておかないとスムーズに就活を行えませんので動き始める前の準備が大事です。

 

合同で行われる企業説明会に参加したり、OB・OG訪問をすることも並行して行わなければなりませんし、学内説明会が催されている場合にはそれにも参加する必要があります。

 

これらは、プレエントリーの時期に行われることが多いので、3月前に動くべき事項です。

 

3月からは個別の企業との接触をする機会が増えてきて、早いところでは選考試験もスタートします。

 

6月以降は本格化して活動の成果が出始める頃ですので、卒業年度に入る前にスケジューリングだけは済ませておくようにしましょう。

 

経団連による取り決めで就活解禁の時期は大まかに決まっているのですが、中にはそれよりも早く実施して、より優秀な人材を確保してしまおうと考える企業もあります。

 

 

2019年卒大学生の就活は就活解禁に合わせて

 

 

ですから、受けたい企業ごとのスケジュールを調べて、それに合わせた活動をすることも考えなければなりません。

 

4月までにエントリーを済ませれば良いなどと考えていると、気付いた時にはエントリーが締め切られていたという事態にもなり兼ねませんので、受ける企業ごとの対策が必要になります。

 

何となく過ごしていると、この時期はやるべきことが多いのであっという間に過ぎてしまいます。

 

多くの企業は自分で考えて行動に移せる人を求めていますので、就活に関するスケジュールを立てたり、それに沿って活動をする能力を身につけられるように心がけて行動することが大切です。

 

 

 

 

キャリサポ就活

 

 


キャリサポ就活は就活の勝ち組になるための必勝術を配信します!

PAGE TOP